秋田県警サイバー犯罪対策室

秋田県警察サイバー犯罪対策室では、サイバー空間におけるインターネット利用者の規範意識の向上を図るため、以下の取組を推進しています。
1.大学生サイバーボランティアによるサイバーパトロール
2.各警察署と連携したセキュリティカレッジの開催
3.広報啓発活動の強化
4.秋田県サイバー防犯連絡協議会員の拡充
5.サイバーパトロールの強化

◆ お知らせ
 インターネットバンキングに係る不正送金事案の被害が拡大中!

インターネットバンキングを使用した、不正送金事案が急増しています。詳細は下のリンクを参照してください。
 「国際的なボットネットのテイクダウン作戦」実施中

インターネットバンキングに係る不正送金事犯に使用されているとみられる不正プログラムのネットワークを無力化させることを目指し、世界各国と連携して実施しています。

詳しくは警察庁サイトを参照して下さい。
(別ウインドウで開きます)

 違法・有害情報の通報はIHC(インターネットホットラインセンター)へ
              
              (別ウインドウで開きます)

 サイバー犯罪等に関する注意喚起について
 不正指令電磁的記録作成等違反事件の送致について(平成24年12月)
 違法ダウンロードの刑罰化について(平成24年10月)
 犯行予告を発見したら『110番!』
 不正アクセス行為を受けたアクセス管理者を援助

                              

◆ サイバー犯罪とは?
 統計
 インターネット・ホットラインセンター(IHC)とは?
 サイバーパトロールとは?
 セキュリティカレッジとは?
 秋田県サイバー防犯連絡協議会とは?

◆ ネットトラブル対策
 インターネットバンキングに係る不正送金事犯が多発
 料金請求
 インターネット・オークション
 迷惑メール
 ホームページ・掲示板
 不正アクセス
 フィッシング
 コンピュータウイルス

◆ 相談窓口

◆ リンク集

秋田県警TOPに戻る