運転免許の有効期限が経過された場合は

◎ 有効期限までに更新手続きをしなかった場合、その運転免許証の 効力は失われます。
※ 期限切れの運転免許証で運転すると「無免許運転」になります。

◎ 失効した免許証を回復するためには、新たに免許を申請することになります。(「試験扱い」となります。)
 その場合、失効した理由及び失効後の期間により、試験の一部免除の規定が適用になります。(学科試験及び技能試験免除等)

◎ この手続きは、「試験扱い」のため、運転免許センターでしかできません。
※ 警察署では、手続きできません。


有効期限切れの区分

1 有効期限が切れて6か月以内の方
  (理由がなく、うっかり忘れた方)


2 有効期限が切れて6か月以内の方
  (海外渡航、入院等やむを得ない理由のある方


3 やむを得ない理由により有効期限が切れてから6か月を超え3年以 内でその理由が止んだ日(帰国、退院等)から1か月以内の方


4 理由がなく有効期限が切れてから6か月を超え、1年を経過しない方
  (失効仮運転免許証の交付)


※ 上記いずれの場合でも、住民基本台帳法の適用を受ける方は、本籍 (国籍)の記載された住民票が必要になります。
(外国籍の方でも住民基本台帳法の適用を受ける方は、住民票が必要 になります。)


運転免許総合案内に戻る