被害者支援員制度

 殺人、傷害、性犯罪、ひき逃げ事件等で不安やショックを受けている被害者のため、警察職員が病院や公判等への付添い、心配事への相談など各種支援活動を行っています。
 特に、性犯罪については、被害者の要望により被害者と同性の職員が対応するとともに、プライバシーの保護により一層配慮しています。

対象事件
○殺人、傷害、強制性交等、強制わいせつなどの身体犯の被害者又は家族・遺族

○ひき逃げ事件や交通死亡事故などの重大な交通事故事件の被害者又は家族・遺族
支援員の活動
○付添い等の措置
・支援活動の説明
・医師の早期診察が必要な場合は、病院の手配、付添い
・実況見分等の付添い
・自宅等への送迎

○ヒアリング措置
・心配事等の相談
・事情聴取や被害者調書の作成又はその補助

○説明 
・「被害者の手引」交付
・診断書料等の説明
・捜査手続及び公判までの手続等の説明
・各種相談機関及び民間被害者支援団体等の紹介

○定期的な被害者への連絡

○要望に基づく必要な措置   など