爆弾テロ 許さない!!

「変だな、おかしいな」と思ったら、

     
秋田県警察本部 018−863−1111
    湯沢警察署    0183−73−2127


へご連絡下さい。

爆発物が製造された事例
なんか変だぞ、おかしいぞ?

○ 2007年6月
  インターネット等で購入した化学物質を使い、爆発物を製造した男を逮捕。
  男は、「ロンドンでの地下鉄爆破事件を意識しながら作った。首都圏の私鉄を爆破すつもり
 だった。」と供述。

○ 2008年9月
   皇居敷地に50リットル入りドラム缶を投げ入れたり、消火器爆弾を発射したとして元自衛
  隊員の男を逮捕。男は、「インターネットで購入した。」などと供述。

○ 2009年3月
   自作爆弾により同級生の殺害を計画したとして16歳の少年を逮捕。
   少年は、「インターネットの情報を基に量販店で材料を購入し、爆弾製造の準備をした」
  などと供述。

   爆弾を製造する方法として、
  ○  化学薬品や試薬、化学肥料等を混ぜ合わせて作る方法
  ○  洗浄剤や漂白剤など市販されている商品を精製して作る方法
があることから、誰でも作ることができ大変危険です。
  

○  化学薬品などを大量に購入している。
○  複数の薬品などを同時に又は連続して購入している。
○  購入するときに周囲の目を気にしている。
○  購入時の「身分確認」の時、躊躇している。
○  手指や手のひらが白く変色している。
○  インターネット掲示板で爆発物製造に関する書き込みを発見した。

あなたの周りにこのような人はいませんか?