警察署の沿革  

明治8年11月  秋田警察所第3警察出張所(横手)第6警察屯所(大曲)として発足し、管下に長野、角館、刈和野、六郷、神宮寺、四ツ屋の6屯所を設置。
明治11年1月  横手警察署から大曲警察署が独立。  
昭和23年  警察制度の改革に伴い、国家地方警察として仙北地区警察署、自治体警察署として大曲町、六郷町、神宮寺町の3警察署を設置。
昭和26年  自治体警察署が廃止され、大曲地区警察署と六郷地区警察署に統合。
昭和29年7月  警察法改正により、大曲警察署と六郷警察署に改称。
昭和31年4月  六郷警察署が大曲警察署に統合。
昭和48年1月  現在地に現庁舎を新築移転。
平成17年4月  大曲警察署から大仙警察署に名称を変更。
 旧中仙町が大仙警察署の管轄となった。

 戻 る